Superior Column

「マーケティングの役割とは、たえず変化する人々のニーズを収益機会に転化すること」

Webマーケティング

「マーケティングの役割とは、たえず変化する人々のニーズを収益機会に転化すること」

これは、マーケティングの大家であるフィリップ・コトラー氏の言葉です。
インターネットを通じて企業の収益を上げるためには、顧客を正しく知ることが大きな成果をもたらす要であるということです。

インターネットを活用してビジネスを行う場合、顧客に主導権があるため、顧客を中心としたビジネスの構築が成否を分けます。顧客中心設計は、その分析や作業の対象が人であり、そこには人間の複雑な心理理解が必要になります。

顧客のニーズを把握するのは提供する企業側の仕事であって、顧客に直接尋ねることは仕事の放棄にほかならないのです。
顧客を理解する作業は簡単なことではなく、地道な調査と詳細な分析が必要です。

顧客中心とは、顧客に迎合することでも顧客の意見に従うことでもありません。顧客にとっての価値とサービス提供側の価値を適合させていくことが、最終ゴールであるWEBビジネスの成功につながり、顧客中心の本質なのです。

このページのトップへ